>>ヒールロッカーは終了いたしました。<<

足首 サポーター

歩行の際にかかとがぐらついたりするのは、かかとの骨のゆがみが原因かも知れません。

かかとは着地の衝撃をまず最初に受け止める部分なので、O脚やX脚で重心が外側や内側にずれていたりすると、着地の衝撃をうまく吸収することができません。

ゆがんだ歩行の習慣は、足首の痛みや腫れを引き起こすだけでなく、腰、肩など全身の筋肉や骨格に過度な緊張を与え、それが続くことで慢性的なコリや痛みを生む原因となります。

また、かかとの重心がずれていると、着地の際に力が加わる場所が一か所に集中してしまい、関節や筋肉への負担につながります。

それにより身体全体の筋肉がバランス良く使われず、使われていない筋肉は発達が遅れ、使われる筋肉が偏ってしまい全身のゆがみを更に進行させるという悪循環に陥ってしまうのです。

全身のゆがみは身体の機能を低下させ、足先、足の裏、ふくらはぎ、ひざ周辺の血流が悪くなることによりむくみや下半身太りを引き起こしたりします。